齋藤由季(パティシエール)

東京出身。幼少の頃よりお菓子づくりに興味を持ち、パティシエを志す。

15歳から研修を始め、食物課のある高校に進学。卒業時に調理師免許を取得し、東京・代官山のパティスリー「シェ・リュイ」にて勤務。

その後、東京・大泉学園にある「パティスリー・プラネッツ」のオープニングスタッフとして経験を積んだ後、23歳で渡仏。

フランス南部、モンペリエにある2つ星レストラン「Le Jardin des Sens(ル・ジャルダン・デ・サンス)」のパティスリー部門「サブール・シュークル・ドゥ・ジャルダン・デ・サンス」、フランス第2の都市、リヨンの老舗パティスリー・ショコラトリー「Rene MONTHERAT(ルネ・モンテラ)」にて修行。合計4年間をフランスで過ごす中で、フランス伝統菓子を学ぶ。

帰国後は、銀座の「パティスリー・ミツワ」の開業に携わった後、自由が丘にある人気パティスリー「パリ・セヴェイユ」に勤務。

2011年より、東京・南品川にある『Patisserie Les Cinq Epices(パティスリー「レ・サンク・エピス」)』の開業に携わり、シェフ・パティシエールを務める。

2013年3月30日、東京・町田市玉川学園にパティスリー「Patisserie PARTAGE(パティスリー パクタージュ」を開業。オーナーパティシエールとして腕を奮う。

 

Information
 ・『Hanako No.1034』の特集「'12 - '13 注目パティシエ新店ラッシュ!」にて、
  「8人の実力派パティシエたち。」の1名として掲載。
 ・『製菓製パン 2012年12月号』の特集「パティシエール提案のヴァレンタイン」に、
  「crystal de neige」のレシピが掲載。

 

これまでに担当したレッスン
 「手づくりクリスマスケーキ・レッスン - 2012年